Businesscard

サイズは統一をしましょう

両手で名刺を持つ

仕事用で名刺印刷をする場合はサイズを統一しましょう。一般的な人が使ってる名刺サイズで印刷をする事によって、渡した時に相手を困らせてしまう状態を避ける事ができます。
会社勤めをしている人でも個人で事業を行っている人でも、仕事をしている間は名刺入れを持ち歩いています。名刺入れは多くの人が持っている名刺のサイズに合わせて作られている傾向があります。そのため大きめの名刺を渡してしまうと名刺入れに入れる事ができないなどの状態になり、そのままスーツのポケットなどに入れられてしまう事があります。スーツのポケットに入れられてしまうと、そのまま長い間放置されてしまう事もありますし、会社に戻り机の中に入れられてしまう事になります。
自分の印象をより強くしたいと考えて名刺のサイズを大きくしている場合もありますが、次に見てもらえる可能性が少なくなるので、強い印象を持たせるのが難しくなってしまいますし、名刺を紛失されてしまう可能性も大きくなるので、連絡をしたい時に連絡できない状態になる場合もあります。大きくしないといけない理由がある場合や、会社での決まりの場合は仕方がないかもしれませんが、そうではない場合は一般的なサイズに合わせて名刺作成をしましょう。

Article List