Businesscard

お勧めの名刺の使い分け方

左手に名刺を持つ

初対面の方と話す場面では、名刺交換が行われるのが一般的です。殆どの方が名刺と言えばビジネス用の一種類だけを持っているのではないでしょうか。今回は、名刺の使い分けをお勧めいたします。名前や連絡先など、初対面の方に知ってもらいたい事が書かれた名刺。ビジネスシーンでは必須の物ですよね。
ただし、ビジネスの幅が広い方やプライベートでは趣味の交流もおこなっていきたい方の場合、一種類の名刺だと対応が難しい場合も。こういった方にお勧めなのが、用途に合わせた名刺の使い分けです。メインとなるビジネスシーン用の名刺には、仕事の内容や肩書き、仕事用携帯の番号やメールアドレスなどを記載するのが一般的です。基本的にはシンプルなデザインが多いですが、デザイン会社などは自社の作風を示すことができるような凝ったデザインにしている場合も多いですよね。名刺を渡す相手に失礼のない、かつビジネスの場ですぐに思い出してもらえるような名刺が効果的だと考えられます。趣味の交流のシーンで使用したい名刺には、自分の趣味を全開にしたデザインが使われる事が多いようです。
大好きなモチーフ、大好きな言葉、どういったものがどういったふうに好きなのかなど、自分自身を深く知ってもらうのが目的である名刺のデザインが主流です。このように、名刺を渡したいシーンに合わせて名刺の種類を使い分ければ、より効果的に名刺を使うことができます。

Article List